our vision 法人を知る

社会福祉法人ゆたか福祉会 理事長 鈴木 清覺より、
一緒に働こうとお考えの皆さまへのメッセージです。
ビジョンや現在の課題、求める人物像など、
私たちの目指す未来についてインタビューいたしました。

Top Interview トップインタビュー
3〜5年後のビジョンについて
お聞かせください。

創業から50周年の節目を迎えるにあたり、改めて思うのは、障がい者福祉のパイオニアとして築き上げてきた「実績」と「理念」を、いかに次の世代へ継承していくかということです。障がい者の方々とその家族の“行き場”を提供するため、まだ何も公的な制度が整っていない時代に、全国で初の「共同作業所」を設立して以来、私たちは常に、新しいことに挑戦し、業界を開拓してきました。そんな私たちの行動が、国の制度の礎になった例も少なくありません。とはいえ、日本の障がい者福祉はまだまだ発展途上です。私たちがこれまでに培ってきた歴史に誇りと責任を持って、今後も障がい者とその家族の方々の様々な「場所」や「機会」を提供し続けていくこと、それが、福祉業界を発展させていくことであり、私たちの使命だと考えています。

ビジョン達成における、
現在の課題と対策を教えてください。

障がい者福祉の現場も、日本の社会構造と同様、高齢化の波が押し寄せています。創業当初から施設を利用してくださっている障がい者とその家族の方々も、私たちが歩んできた歴史と同じ50年の月日が流れているわけですから、高齢化するのも自然の流れです。既にご家族が亡くなられ、当事者だけが残っているケースも増えてきています。そうした問題をクリアしていくためには、国の施策を待っているだけでは何も始まりません。例えば、高齢障がい者のためのグループホームを作るなど、既存の施設や制度で改善できなければ、現場の私たちから新しい体制を創り上げ発信していきます。そのためにも、高齢化についての多角度的な理解と、当法人が目指してきた理念そのものをスタッフ一人ひとりに徹底して浸透させ、次の時代へつなげていきたいと思っています。

ビジョン達成に向けて、
求める人物像について
お聞かせください。

"人間へのやさしさや人権意識がしっかりしている人”、これが、私たちの仕事に一番必要な土台だと思います。いくら知識があっても、人を理解したり、共感したりできなければ意味がありません。そのためにも、当法人では1次面接後は、実際の職場で5日間の現場研修を行います。障がい者福祉という仕事について、それぞれが思い描いていたものと入職後の齟齬がないように、そして、当法人がどんな方針で、どのように仕事と向き合っているのかを知ってもらいたいからです。知識や資格は入職後にしっかりと積み上げていってもらえればいい。求めたいのは、障がい者やその家族の方々とチームになり、問題や課題について一緒に考え、その解決に向けて、自ら働きかけていける“積極性”と“行動力”のある人材です。

人材育成のための
サポート体制について
お聞かせください。

入職1〜2年目は、まず基礎となる知識や技術の習得を目指し、3年目には責任を持って働ける環境を提供、5年目くらいから現場のリーダーとして施設運営にも携わっていただけるようなステップアッププランを構築、実施しています。新人研修では合宿を含めた当法人独自の研修を、3年目や5年目などの節目になる年には、大学教授の協力のもと、最先端の技術論や方法論を学ぶ、その時々にマッチングした研修を行っております。また、「障害」と言っても、それが知的なものなのか、身体的なものなのか、精神的なものなのか、発達障害なのか、その種類はさまざまです。しかも、近年までは以前は認知されていなかった精神障害も増え、「障害」そのものが多様化しています。そういった時代に流れに合わせて、常にその仕組みを見直し、ブラッシュアップしています。

求職者へのメッセージをお願いします。

私たちのモットーは、障がい者たちの「人間として生きる権利の実現」を支援していくことですが、その障がい者たちを支えるスタッフの権利も、同じように大切に考えています。資格取得に向けてのサポートはもちろん、休みや給与などの福利厚生においても注力し、「子育てサポート企業」の認定や「次世代認定マーク」の取得、また、新入職員についての有給休暇体制の見直しをはかるなど、スタッフ一人ひとりにとって「働きやすい職場づくり」を目指し、常に改善し続けています。「ゆたか福祉会」の考え方を理解し、福祉人として、そして人間として共に成長していける仲間を、私たちは全力でサポートします。百聞は一見にしかず。障がい者福祉の分野に興味のある方は、ぜひ、一度見学に来てみてください。

profile プロフィール
社会福祉法人ゆたか福祉会
理事長 鈴木 清覺

・1973年 ゆたか福祉会 入職
・1977年 共同作業所全国連絡会※ 初代事務局長 就任
・1981年 共同作業所全国連絡会 理事長就任
・2005年 ワーカアビリティ・インターナショナル(WI)※ 理事 就任
・2009年 ワーカアビリティ・インターナショナル(WI) アジア代表理事 就任
・2011年 ゆたか福祉会 理事長 就任
※共同作業所全国連絡会…現きょうされん
※WI…障がい者就労支援の世界組織

ENTRY 見学会・採用試験のご案内