障がいのある方々と地域との
橋渡しをしていきたい

ゆたか生活支援事業所 なかがわ/2010年入職
入職のきっかけは?

祖父母と同居して育ったこともあり、将来は「高齢者と関わる仕事がしたい」と思っていました。その思いから進学した福祉大学のボランティア活動で、初めて知的障がいのある方と接する機会がありました。当時は「福祉=高齢者」というイメージしか自分の中になかったので、「こんな福祉の形もあるんだ」と少し衝撃でしたが、ボランティア活動の際に、知的障がいのある方が見せる嬉しい時の表情や純粋な言動、明るい雰囲気にとても興味を持ちました。そして「もっと知的障がいのことを知りたい」と思うようになり、グループホームでアルバイトをしたり、いろんな施設の見学やボランティア活動に参加している中で、当法人のつゆはし作業所を知りました。これまでの施設では、知的障がいのある方の生活の場ばかりを見ていたため、働く場は初めてだったのですが、障がいの重さに関わらず、みなさん良い商品を提供したいという思いで一生懸命取り組む姿勢にとても感動しました。そして、作業所の利用者の皆さんやスタッフの方々が温かく接してくれることが嬉しく、「ここで働きたい」と決意しました。

現在、どんな仕事をしていますか?

今は、障がいのある方の生活の場を支えるグループホームで働いています。グループホームは、一人ひとりの居室があり、小集団で生活する施設です。そこで、料理や洗濯、掃除などの家事援助や体調不良時の通院、利用者の金銭管理や福祉サービスの手続き、困った時の相談や外部の事業所(ヘルパー、勤め先など)との連携、行事の企画など、生活に関わることを全てを支援しています。グループホームは利用者さんにとって家と同じです。皆さんがリラックスして「ゆっくり休んで、明日も頑張って仕事に行こう」という気持ちになってもらえるような空間づくりを心がけています。そのためには、コミュニケーションや環境整備を追求していくことが求められる仕事だと思いますが、一方で、個人個人の生活感や価値観が出やすい仕事でもあると思います。ですから、個人的な押し付けにならないように、普段から職員全体で支援を共有することが大切だと感じています。また、副所長として事業がスムーズに進むよう心がけています。そのためには、スタッフの話をとにかくよく聞くようにしたり、なるべく希望に沿った休みが取れるよう勤務を組むなど、働きやすさにも注力しています。

今後に向けての目標を教えてください

障がいのある方に対しての法整備が徐々にされてきてはいますが、実際は障がいのある方々と関わったことがないという人がほとんどだと思います。私自身も、大学のサークルで知るまでは、あまり考えたこともないというレベルでした。しかし、「関わったことがない、知らない」というだけで、障がいのある方を怖がったり抵抗を持ってしまうのは残念なことだと思います。この仕事に従事するか否かではなく、とにかく多くの方に知ってもらいたい。そのために、利用者さんと地域の方が日常的に触れ合う機会を増やしていきたいと思っています。以前はお祭りもあったりしたのですが、今はそういうイベントもだんだん減っています。防災訓練や地域清掃くらいはありますが、どんな小さなことでもいいので、地域と交流できるようなイベントを企画し、こちらからどんどん発信していきたいと思っています。そして、いずれ、利用者さんたちと喫茶店などを開けたら最高ですね。

off time オフの過ごし方

休みの日はスポーツジムで、もっぱら体を鍛えています。特にきっかけがあったわけでも、目指したい筋肉ボディ(笑)があるわけでもないのですが、一人の時も妻と二人の時もほとんどジムにいます。それ以外は、愛猫と遊ぶ!ですね。

ENTRY 見学会・採用試験のご案内