障がいのある方々の
“暮らし”をコーディネート

ゆたか希望の家/2017年入職
現在、どんな仕事をしていますか?

ゆたか希望の家は、24時間365日対応の生活施設として、障がいのある方々の“暮らし”を支援しています。比較的重度の方が多いので、起床時から食事、トイレ、入浴など、当法人の他の施設より介助度は高いですね。また、チームワーク色が強いのもここの特徴のひとつ。栄養士、看護師、作業療法士などとひとつのチームとなり、利用者さん一人ひとりに合った食事や生活スタイルをプランニングしています。特に、利用者さんが日中、作業所へ活動に出かけている間はミーティングを重ね、どんな小さなことでも気になったことは何でも話し合うようにしています。そして、何よりも大切なのは、スタッフだけでなく、利用者(仲間)の皆さんと一緒により良い環境づくりをしていくんだ、という気持ち。それを大切に、日々の業務にあたっています。

どんな時にやりがいを感じますか?

ここにいる利用者の皆さんは、障がいの重い方が多く、なかなか意思の疎通がはかりづらいのが現状です。でも、そんな中、少しずつでもコミュニケーションが取れるようになっていくことに、とても喜びを感じます。例えば、ある利用者さんは高齢になって体が萎縮し、左手の動きが鈍くなっていきました。そこで、私は先輩スタッフに相談し、生活の中にボール遊びを取り入れてみることにしました。すると、しばらく続けているうちに、その利用者さんの動かなかった左手が少しずつ動くようになったのです。この方のように、利用者さんの生活機能をアップさせるか否かは、私たちの働きかけや工夫次第なんですよね。こうした成果を間近で感じることができるのは、とても嬉しく、やりがいを感じる瞬間です。ここで生活している私たちは、スタッフと利用者という立場こそ違いますが、どちらも「人間対人間」です。だからこそ、毎日違って当たり前、できることもやれることも違って当たり前なんです。それを「面白い」と感じながら、これからも利用者(仲間)さんの人生を豊かにしていくことが、私にとってやりがいであり、使命だと思っています。

今後に向けての目標を教えてください

私はまだ入職2年目なので、今はとにかく経験や知識を増やしたい。そして、ゆたか福祉会は年齢や立場に関係なく、いろんなことにチャレンジさせてくれる風土があるので、その自分の広めた見識やアイデアで、新しいことをどんどん提案し、事業に還元していきたいと思っています。そのためには、今とは違うチームを見たり、他の施設の現場を知ったり、いろんなことを体験することが必要かな、と思っています。それでも、最終的には、今の「ゆたか希望の家」に戻ってきたい。そして、ずっと利用者さんの一番そばで、“生涯現場主義”を貫きたいですね。

off time オフの過ごし方

大学時代は「よさこいサークル」に所属し、「にっぽんど真ん中祭り」にも毎年参加していました。このサークル活動で訪れたことが今の職場を知るきっかけでした。今でも「よさこい」は続けており、地域のイベントに踊りに行ったりしています。

ENTRY 見学会・採用試験のご案内