「生きていてよかった」
と思ってもらえる支援

ゆたか通勤寮/2014年入職
現在、どんな仕事をしていますか?

私が勤務している「ゆたか通勤寮」は、知的障がいのある方たちが自立した生活を目指し、約2年間かけて一人暮らしのための練習や訓練をするための施設です。そして、訓練終了後は、アパート生活やグループホームなど、新たな地域での生活に送り出します。ここでの私の仕事はズバリ、“相談に乗ること”。料理や洗濯など生活全般の支援をすることはもちろん、利用者の方たちがそれぞれ働いている職場でのトラブルや悩み事を聞き、解決に向けて一緒に考えていくことも、私たちの大きな役割です。職場先に出向き、本人ではうまく伝えられないことを代わりに直接話しに行ったり、時には起こしてしまったトラブルの謝罪に伺うこともあります。いずれにおいても、利用者の方たちが社会の一員として自立していくためにの基盤をしっかり構築する、そのための信頼関係をつくる場でありたいと考えています。

どんな時にやりがいを感じますか?

以前、関わった利用者の一人で、とても面倒くさがりの方がいました。何をするにも面倒くさがってやらないし、何か言われることが嫌いな方でした。だからと言って好き勝手のままにはいきません。その方の性格や生活習慣を観察・研究し、あの手この手と色々試していくうちに、少しずつ心を開いてくれ、最終的にはどんな些細なことでも相談、報告してくれるようになりました。就労先でのトラブルも相談してくれ、一緒に解決に向けて考え、難局を乗り越えた時は、本人の喜び以上に嬉しかったですね。こうした利用者の方たちが心を開き、信頼関係を築けたと感じられる瞬間、利用者の方たちが抱える問題に対する支援、解決法がピタッとハマった瞬間は、何とも言えない手応えとやりがいを感じます。

今後に向けての目標を教えてください

今までもこれまでもそうですが、私のモットーは、携わった方々が人生の最期に「生きていてよかった」と思える支援をすること。利用者の方たちが迷ったり悩んだりした時の選択肢を提供し、階段のひとつになっていきたいと思っています。そのためにも、今後も知識や経験をしっかりと積み、理論と実践が伴う人材に成長していきたい。ゆたか福祉会には、いろんな形態の施設があり、また、経験豊富な先輩方が多くいらっしゃるので、いろんな角度から勉強することができる絶好の環境です。そういったメリットも活かしながら、今の現場での自分の役割をもっともっと極めたいと思います。そういう私たちの現場を、求職者のみなさんにもぜひ見てもらいたいですね。視野が広がる良い機会になると思いますよ。

off time オフの過ごし方

最近飼い始めた、うさぎの「コタロー」とまったり。彼の動きや仕草に癒されながら、スマホで写真を撮りまくっています。ちなみに「うさぎは寂しいと死んでしまう」というのは迷信です。ちゃんとお留守番もできますよ。

ENTRY 見学会・採用試験のご案内