ゆたか福祉会とは

ゆたか福祉会の事業理念

だれもが笑顔で暮らせる社会の実現をめざして

 ゆたか福祉会は事業開始40周年を迎えた2010年、ゆたか福祉会の事業の目標を表した「わたしたちのめざすもの」と、日々の仕事の中で大切にしていきたい運営や行動の理念を表した「わたしたちの大切にするもの」を全職員関係者の議論をへて決定し、発表しました。
 短い言葉で表現していますが、これらは私たちの事業の原点であり、歴史の中から生み出した教訓でもあります。私たちの法人運営や実践の基本として大切にしているものです。

私たちがめざすもの

1. 障害のある人たちの“いのちとねがい”を大切に、社会への参加とゆたかな暮らしの実現をめざします / 2. 誰もが安心して暮らせる地域をつくるため、たくさんの“つながり”を築き拡げていきます / 3. ゆたかな笑顔と人間性を育み、関係者の創意を活かすとともに、社会から信頼される経営をめざします

私たちの大切にするもの

  • 尊重

    すべての人々がかけがえのない存在であることを認め合い、その尊厳を大切にします

  • 参加

    一人ひとりが事業の担い手であり、その実践と創意を大切にします

  • 共同

    手をつなぎ支えあうことが何よりも大切であり、大きな力となることを確認します

  • 運動

    ねがいを形に変えるため、地域や社会とともに新しい事業や制度を創り出していきます

  • 平和

    平和の尊さを忘れず、協力と交流の輪を広げていきます