ゆたか福祉会とは

ゆたか福祉会の事業概要

地域福祉の拠点として

 ゆたか福祉会は、1969年前身の名古屋グッドウイル工場をへて、「ゆたか作業所」として名古屋市南区で誕生しました。以降、障害のある皆さんの働く場を中心に、地域での生活の場づくりを数多く行ってきました。
 現在では、障害分野の地域福祉を担う拠点として、相談支援事業やヘルパー派遣事業なども行う障害のある方々の就労と生活を支える総合的な事業体となっています。2008年からはデイサービスやグループホームなどの高齢分野の事業も行っています。

名称 社会福祉法人ゆたか福祉会
代表 理事長 鈴木 清覺
設立 1969年(無認可ゆたか作業所)
利用者数 582.9人(2015年・平均/日)
職員数 583人(2016年3月現在)
年間予算規模 約27億5千万円(2015年度決算額)
法人本部 名古屋市南区泉楽通四丁目5番地3

事業内容

障害分野 生活施設 3ヶ所
短期入所 3ヶ所
グループホーム 29ヶ所
日中活動系事業所(作業所) 10ヶ所(生活介護、就労継続A・B、就労移行)
宿泊型自立訓練 1ヶ所
障害児者基幹相談センター(委託) 1ヶ所(緑区、NPOグリーンハートとのコンソーシアム)
障害児者相談支援事業所(計画相談) 6ヶ所(南区3緑区1・中川港区1・設楽1)
ヘルパー事業所 2ヶ所
高齢分野 老人デイサービス 2ヶ所
認知症対応グループホーム 1ヶ所
居宅介護事業所(ケアプラン作成) 2ヶ所